shiroxuma’s blog

東京のすみっこで楽しく暮らす20代理系OLのブログ

正月をQuizKnockで溶かした

こんにちはしろくまです。

正月休みは実家に帰省していました。手持無沙汰になるだろうな~と思ってスマブラゼル伝スプラトゥーン2の入ったSwitchを持っていったのですが、結局帰省中一度も触りませんでした……。

なぜかというとひたすらYouTubeのQuizKnockチャンネルを見ていたからです。

というわけで個人的に面白かったものを以下でおすすめしていきたいと思います。

1本あたりどれも10分程度なので暇つぶしに見てみてください。

(こういうブログ書いていいんだろうか。問題あったらご連絡ください。)

 

 

東大王・鶴崎さんが好きな方に

友人にQuizKnockを勧めたら鶴崎さんが好きと言われたので。

鶴崎さん・伊沢さんが笑いを堪えたり真面目に解説しているところが見どころです。

ふくらPの歌声にも注目。


【東大王リスペクト企画】東大主2nd〜天才が簡単なクイズを解いたらこうなった〜

 

バラエティ好きな方に

QuizKnockチャンネルの中でも再生数3位のこの動画。

ふくらPの企画力・編集力と伊沢さんのトーク力でさながらテレビのバラエティ番組のような面白さです。


東大生でも四国がオーストラリアになっていたら気づかない説

 

なぜかござる口調で進行する動画。

英語を回避するためにクイズ知識を総動員してトークする伊沢さん。


爆笑www英語禁止クイズ!カタカナ語を使わずクイズ&トークで東大生が珍発言しまくったwww

 

中学受験経験者の方に

開成出身伊沢さんと灘出身川上さんが中学入試問題に挑戦する動画。

中学受験経験者は「あ~こんな問題あったなぁ~」と懐かしくなるのではないでしょうか。


【早すぎる】開成&灘!難関中学受験に東大生が挑戦!【開成中出身VS灘中出身】

 

競技クイズ経験者の方に

普通に見ても面白いのですが、ベタ問を理解した上で見るとより面白いです。

 

ふくらPの問い読みが可愛い。


【難しい言葉禁止】東大生が語彙力が低すぎるクイズwwまじヤバいあれがマジいい感じ!

 

こちらは闇鍋クイズ。この動画から芋づる式にQuizKnockにハマりました。

全動画の中で一番好きです(クイズ的・YouTube的に総合して)。


【東大流の闇鍋】文章ごちゃ混ぜの問題文が支離滅裂すぎるww【闇クイズ】

 

問い読みのこうちゃんさんが心配になる動画。

「あっああおうあう」のところめっちゃ分かるw(3:45)


【子音消滅】おうあいえいあおいんういういおうえん!あああおえっあいあっあwww【母音クイズ】

 

番外編

こちらはサブチャンネルで公開されている、須貝さんのハリポタものまね。

長い。


ハリーポッター完コピガイ

 

 

他にも面白い動画たくさんあるので見てみてください!

2018年振り返り

こんにちは、しろくまです。

いつか見直すときのために、今年を振り返っておきます。

 

修士課程修了した

マジで周りに助けられた研究生活でした。特に直接指導してくれた恩師が神すぎました。また、教授も色々と気をまわしてくださったおかげで色んな経験ができたし、経済的にも助かりました。これからラボ配属のみんな、研究室はよく選ぼうね。お姉さんとの約束だよ。それから、実験中(特にルーチンのPCRとか細胞染色、FACS流してる間とか)に英語のポッドキャストを聴いておくとTOEICスコア爆上がりするからオススメです。

 

入社した

おちんぎん貰えるのありがたいです。昔から新しい環境に慣れるのが苦手で、今回もそうだったけど、だんだん慣れてきました。研究室では備品も試薬もすべて揃っていて(プライマーや抗体を買い足すことはあれど)、基本的なプロトコルも確立された中で実験してましたが、会社では何をするにも一から系を立ち上げなきゃいけないような状況で「これが社会か~」ってなってます。でも案外、他の人に聞きまくったり、業者さんに相談したり外注したりすればどうにかなるということが分かってきたので、来年はもっと主体的に動きたいゾ~

 

精神面は相変わらず

メンタル的には相変わらず低空飛行でした。これが一時的なものなのか、性格なのかはわかりませんが、とにかく生きていかねばな~という気持ちです。一時的なものであれば回復するようにしていきたいし、もう変わらないものであればだましだましこの性格と付き合いながら生きていくしかないので、どっちにしろ前向きに頑張るしかないんですよね。夏頃が一番やばくて、何でもない時に急に涙が出始めたりして「おいおい困るよ~今から出社なんですけど~」って自分に自分で突っ込んだりしていたのですが、秋頃から泣くということはなくなりました。12月は色んな友人と久々に会って話して、より精神的にマシになった気がします。もっと社交的になったほうが精神的に良いのかなーと考えてます。

あとめっちゃ辛いよ~~~って言いながら本をたくさん読んだ1年でした。恩師(ちょうポジティブ前向きウーマン)も「若いころはネガティブで、色々悩んで本をたくさん読んだ」って言ってて、なるほどな~~こういうことか~~ってなりました。

 

振られた

婚活がんばるぞい。

 

2019年の目標

2017年の目標は「就活and就活and就活and婚活」でした。

2018年は修論に追われていたので特に目標を立てていません。

2019年は

・楽しいことをする

・何か資格を取る or TOEICスコアキープ

・心身を大切にする(セルフネグレクトをしない)

で行きます!

 

みなさま良いお年を。心身ともに健康が一番ですが、そうでない方も少しでも心安らかに新年を迎えられますように。

メンタルを崩しやすい20代OLは楠田亜衣奈さんを聴こう

こんにちは、しろくまです。ずっと精神的に落ち込んでいた私ですが、ここ2週間ほど元気に生きています。

 

その秘訣は…楠田亜衣奈さんの曲を聴いていること!!

aina-kusuda.net

楠田亜衣奈 - Wikipedia

ラブライブ!東條希役をされている声優さんです。

 

歌詞がめちゃくちゃ元気になれる曲ばかりで最高です。

この惑星(ほし)をシアワセにするために

わたしが機嫌よくいなきゃね   (ハッピーシンキング!)

 

さぁ次の私 どんな私になろう?

そうだ!私らしく のんびり歩いていこう  (アイ・アム)

 

こういう歌詞を29歳女性が歌っているという事実に勇気づけられる。

 

昔、大学の就職支援課で面接の練習をしてもらってたんですけど、まぁ、実用的なアドバイスはあんまり貰えなくて(……)その代わり、この一言だけよく覚えているんですよね。

「大人になって、歳を取ると、上司が減って自分自身が上司になる。そうすると褒めてくれる人がいなくなっちゃうから、自分のことを自分で褒めてあげなきゃ」

楠田亜衣奈さんという女性としての人生の先輩が、自己肯定の歌を一生懸命歌っている様子がめちゃくちゃ勇気づけられます。声優っていう人気商売で彼女自身いろいろ悩むこともあるんじゃないかなって思うんですけど*1、それでも強く活動して、ファンを笑顔にしているのはすごいですね。見習いたい。

 

というわけでメンヘラは楠田亜衣奈を聴こうな。そして他にもオススメ女性声優がいたら教えてくれよな。

*1:口パクでもいいっすか?とか言ってるらしいので案外適当な性格で何も悩んでいない可能性も微レ存

Django Girls Yokohama 参加してきた

横浜で開催されたDjango Girlsに参加させていただきました。

djangogirls.org

 

私は非エンジニアですが、趣味でちょこちょこプログラミングの勉強をしています。「初心者 プログラミング」で検索してネットサーフィンしていると、Rails Girlsというイベントを発見(RubyフレームワークであるRailsの女性向け勉強会)。私が勉強しているPythonでもこういうイベントないかな~って探していたら、Django Girlsを発見しました。去年までは東京で開催されていたそうなのですが、今年は東京だけでなく横浜・福島(!)でも開催されるとのこと。私は東京と横浜の中間地点に住んでいるのですが、横浜の方が開催日程が早かったのでこちらに申し込みました。人気の勉強会のようで、キャンセル待ちも発生していたようです。参加させていただいてありがとうございました。

 

当日までに、本番で勉強する予定のDjango Girls Tutorialを一周してしまったので、

shiroxuma.hatenablog.com

 コーチの方にその旨を伝えたところ「えらいですね~!!じゃあ2周目やってみましょう!!より学びが得られますよ」とのことで、2周目をやりました。

一人で1周目をやっていたときは、よくわからなくても取り合えず動いて欲しくてコピペ祭りで済ませてしまったところも多かったのですが、イベントではコーチの方に「このコードの意味は何ですか?」と逐一質問しながらできたので、とっても理解が進みました!午後になると参加者もコーチの方々も若干疲労が見られましたが、スポンサーさんがお菓子やコーヒーを用意してくださっていたので、適宜休憩しつつなんとか一日やりとげました。達成感がすごかったです。

趣味でプログラミングを勉強してても(文法とか)、「で、何ができるの?」ってなってしまって停滞していたのですが、今後は作ったブログサイトをいじったり、LTで紹介されていた『退屈なことはPythonにやらせよう』に挑戦したりしたいです。

 

プログラミング界隈、こういうイベントがあるのはすごくいいことだなーって思います。本業のバイオ界隈はアカデミックの厳格な子弟制度で成り立っているので……。Django Girlsは運営の方の「女性にもプログラミングを勉強しやすい環境を作りたい」という思いで開催されているそうです。問題意識を持って、多くのコーチやスタッフを巻き込んでイベント開催されていてすごいなーって思いました(こなみかん)。他にも、スタッフの方で「震災を経験して、防災について取り組みたいと思って、子育てを終えた年齢だけども大学院に入って事業運営を学んだ(今は実際に事業運営をされている)」という方や、参加者の方で「高校生の子どもがプログラミングにのめり込んでいるので、少しでも気持ちを理解したいと思って自分もプログラミングを始めた」という方がいらっしゃって、なんか、女性でも、何歳になっても、新しいことを始めたり世の中を良くするためにパワフルに生きていくことってできるんだなー、って実感させられました。

ドラマ『シリコンバレー』でmaking the world better placeってセリフが「意識高い系wwww」って煽りのように登場するんですけど、あながち笑ってられないなー、大事なことだなーって思いました(こなみかん)。

 

コーチ・スタッフ・スポンサー、そして参加者のみなさま、楽しい時間を過ごさせていただいてありがとうございました。

(精神的に)調子よかった話

 以前、メンタル落ち込み対策としてこんな記事を書きました。

shiroxuma.hatenablog.com

 

ここ1週間ほど(生理前や台風の低気圧にも関わらず)調子よく過ごせているので記録しておきます。

 

お肉食べた

shuchi.php.co.jp

肉食べろって書いてあったから毎日肉を食べました。用事で新橋に行った日は一人焼肉もしました。

toyokeizai.net

平日18時で15分ほど並びました。店の前の列を見て「えっ混んでるじゃんやめとこ」ってなるかもしれませんが、一人焼肉なので回転は早いです。

 

明るい曲を聴いた

楠田亜衣奈さんとTrySailさんを聴いて過ごしました。明るくてかわいい曲が多くて良きでした。普通にライブも行ってみたいレベル。あとジョジョのOPとかも聴いた。

 

はてなブックマークを使い始めた

楽しそうなイベントとか行ってみたい場所とか、消化したいコンテンツのウェブサイトをブックマークしています。眺めて「週末はこれやろ~~~」って思うことで元気になります。

 

無理やりポジティブ思考

それでも飛行機のエアポケットみたいにふっと調子悪くなる瞬間もあったのですが、「いやいや大丈夫!!!!大丈夫だぞ!!!仕事終わったら読みかけの小説読むの楽しみだし!!!!」てな感じでポジティブな方に無理やり持っていくようにしました。前は少し落ち込むと悲しい気持ちに浸りがち(そして長引かせ、深めてしまいがち)だったのですが、この思考法にして切り替えられるようになりました。

 

人と話した

色んな人と話す機会を設けました。別の会社に就職した新卒同期も悩んでいるんだな、とか、公務員になった友達の話を聞いて公務員は公務員で大変なんだな~~とか。職場の先輩にも飲みのお誘いをしてみました。あと、この前参加したイベントで「震災を受けて思うところがあり、50歳子育て終えたばかりの主婦だけど事業を起こした」という女性がいてすごいな~~~~って勇気をもらいました。

 

 

 

こんな感じでどうにかこうにか生きていますので旧友の皆様、ごはんにでも行ってもらえるとより元気になれそうです。よろしくお願いします。

子宮頸がん検査受けてきた

こんにちはしろくまです。

今日は子宮頸がん検査を受けてきました。

 

・費用

自治体の補助を受けたので数百円でした。自治体によって金額は違うのですが、無料か安い費用で受けられるので下記サイトをチェックしてみてください。

www.med.or.jp

 

・どんなことすんの?

足を開いた状態で診察台に寝る→わ~~なんかつっこまれた~~→わ~~なんか擦られてるきがする~~→終了!

全部で1分くらいで終わりました。

一般的には問診(生理トラブルなど無いか)・触診(痛みは無いか)・細胞診(上記のつっこまれてる間に細胞を採取されています、これを後日観察して異形細胞が無いか検査するようです)の3点が行われるそうです。

 

時間も費用もあまりかからないので、女性の方は受診検討してみてください~

感想『太陽のパスタ、豆のスープ』(宮下奈都)

 

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

 

読みました。すごく共感して、泣きながら一気に読んでしまった…。

結婚式直前に突然婚約を解消されてしまった明日羽(あすわ)。失意のどん底にいる彼女に、叔母のロッカさんが提案したのは“ドリフターズ・リスト(やりたいことリスト)”の作成だった。自分はこれまで悔いなく過ごしてきたか。相手の意見やその場の空気に流れていなかっただろうか。自分の心を見つめ直すことで明日羽は少しずつ成長してゆく。自らの気持ちに正直に生きたいと願う全ての人々におくる感動の物語。 (あらすじより)

 主人公・明日羽は婚約解消されて落ち込むんですけど、そもそも自分は何も持っていなかったんじゃないだろうか…?と悩みます。仕事は事務職でやりがいを感じておらず、趣味や特技も無い。このあたりが自分と非常に重なって、わかるわかる~!!ってなってました。そこで叔母に提案されたのがやりたいことリスト。わかる~~。書くよね。やりたいことわからなくなったら書いちゃうよね。私も書きました。

 

shiroxuma.hatenablog.com

で、やりたいことリスト書いたからってすぐに劇的に人生が明るくなるわけじゃないんですよ…。作中ではその辺がリアルに描かれていて、後半では『「やりたいことリストを作る」=「リストの項目は実行不可能なものだと認めてしまっている」』と否定されてしまったりもします。それでも、まったく無意味じゃなくて、人生の方向性というか指針のような「お守り」として機能していく様子がよかったです(作中では「一切れのパン」に喩えられています)。

私はこれといった趣味も特技も無いけど、やっぱり食べること、料理すること、生活をすること、が好きなので、主人公のように「毎日のごはん」を大切にしていきたいと思いました。現状、朝は軽くしか食べないし、昼は栄養バランスのとれた社食を食べているので、夜にわざわざ時間的・金銭的コストをかけて自炊しなくてもいいか~~と思いがちだったのですが、趣味だと割り切って自炊するのもいいかもな、と考えを改めました。「毎日のごはん」で言うと、以前からニコニコ動画の山目さんがすごく好きで、丁寧な食事ぶりに憧れています。こんな食生活をしたり、動画をアップしたりしたいです。ル・クルーゼも買いたい。

ブログはこちら 

日々のごはん

 

料理ともう一つ、主人公の立ち直りには周りの人との繋がりも重要でした。父、母、兄、友達のようによく訪ねてくる叔母、会社の同僚の郁ちゃん、幼馴染の京など…。もちろん、主人公一人で再生していった部分もあるのですが、叔母との会話や、郁ちゃんに誘ってもらった青空市場の仕事などを通して成長していく様子が良かったです。この歳になって大事だな、と思うのが「人と人との関わり」で、学生時代は馬鹿にしていたというか、避けていました。苦手だし…。そういうのは営業職とかのコミュ強がやればいいでしょ、私は人と関わりたくない…って思ってました。実際、今でもあまり他人とは関わりたくないのですが…。コミュ障なので人を楽しませる・会話をするのが苦手です。あと、オタクですがどっぷりハマるジャンルも無いのでオタ友達もできません。けど、『夢をかなえるゾウ』でも言われていましたが「仕事をしてお金を稼ぐ=誰かに価値提供をしてその引き換えに賃金をもらっている」ということなので、世界に対して(他人に対して)関心を持って、何かしてあげよう、と思うことがお金を稼ぐうえで必要です(『夢をかなえるゾウ』では、このことを意識するためにまず「募金をする」という課題が与えられました)。これまで、自分にはそういった観点が抜けていたな、と思います。同時に、友達が少ないのも「一緒に過ごしていて楽しい時間」を提供しようという姿勢が足りないからじゃないかと思いました。

少し話がそれましたが、主人公も私と同じように、「友達が多いタイプ」とは見受けられませんでした。ただ、上記の登場人物たちとは真摯に向き合っていて、その結果が人と人との関わりを通じた成長なんだろうな、と思います。そしてラストでは周りの人たちに感謝できるまで余裕が回復します。私も関わりのある人は少ないけど、縁を大切にしていきたいし、彼氏の人間関係を制限したくないな、と思いました。

 

長くなってしまいましたが、20代~30代女子で、やりたいことが無くて悩んでいる人、日々の生活に漠然とした不安を抱えている人にすごくオススメです。よろしくお願いします。